きて・みて・さわって体験するキャンピングカー遊び。

キャンピングカーの基礎知識

キャンピングカーの種類

フルコンバージョン(フルコン)

専用のベアシャシー(フレーム,駆動系、エンジンなどのみ)にキャビンの全てをメーカーが製造したもので、バスベースのフルコンや、トラックベースのフルコンがあり、乗り心地や安定度など、総合的に考えると、バスベースの方が有利だが、トラックベースのフルコンより値段が高くなっている。
そしてバスベースはエアコンもよく効き、最高のキャンピングカーとされています。

キャブコンバージョン(キャブコン)

専用のキャブ付シャシーまたはワンボックスタイプにキャビンを架装メーカーが改造制作したもで、クラスCと呼ばれます、一般的にはトラックを改造したものが多く、キャンピングカーと言えばキャブコンのイメージがほとんどです。
設備は家そのもので、シャワー、本格キッチンなど充実しています。
価格も内容からすればかなりお手頃なキャンピングカーになります。

バンコンバージョン(バンコン)

1トン積載クラスのバン、ミニバン、ワゴン等をベースに架装メーカーが改造したもので、専らキッチン、サニタリー、就寝スペース等車内架裝に重点を置いたもの。
見た目はほぼオリジナルのままで、常用車としても利用がしやすく、スマートに乗りこなすならかなりオススメのキャンピングカーだ。

バスコンバージョン(バスコン)

主にマイクロバスのベースボディーをそのままに、架装メーカーが改造したもので、まれにバスのボディ部分も切り取って改造するオリジナルバスコンも有ります。
バスは元々人を乗せるように作られているためバスコンは操作性、安定性ともに抜群で乗り心地は最高クラスです。価格はベースとなる車が元々高価なためキャンピングカー仕様となるとかなりの値段になってしまいます。

トレーラータイプ

牽引きタイプでヘッドとなる車で引いて走る、トレーラータイプでキャビンを架装し製造したもので、取り外しができることが特徴です。
目的地に到着後、トレーラーを取り外し、ヘッドとなる車だけで観光などが可能になります。装備も充実しており、まさに家を牽引するタイプで人気があります。

エスエイチ安心のアフターサービス
ORBIS I・O

居住空間の本質を極めた、キャンピングワークスの
フルエレクトリックシステム。

DARWIN Q3

高級感、耐久性、耐汚染性に優れた最高級デコラを
ファニチャーに使用。

ADRIA AVIVA

空間に十分配慮されたデザイン。
ゆったりとしたリビングや寝室そしてキッチンを提供。

O.K.WAGON

本物志向を持つ大人のための低予算で実現する
夢のキャンピングカーライフ。